コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナツァグドルジ Nacagdorž, Dashidoržijn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナツァグドルジ
Nacagdorž, Dashidoržijn

[生]1906
[没]1937
モンゴルの作家。社会主義リアリズムを基調とする近代モンゴル文学の基礎を築き,近代モンゴル文学の父といわれる。戯曲『わけのある3人』 Učirtaj gurban tolgojはモンゴル国立劇場で年に数回は必ず上演されるほどの人気をもち続けている。短編小説に傑作が多く,『古い子』 Xuučin xüü,『正月とつらい涙』 Cagaan sar ba xar nulmasuなどの散文,『わが故郷』 Minij nutagなどの詩が有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ナツァグドルジ【Dashdorzhiin Natsagdorzh】

1906‐37
モンゴルの詩人,作家。貧窮貴族の子としてトシエト・ハーン部ダルハン親王旗(現,トブ・アイマクのバヤンデルゲル・スム)に生まれる。少年期に革命(1921)を体験,1922年モンゴル人民党(のちの人民革命党)に入党,党活動に従事する。25年以降29年までソ連邦およびドイツへ留学。帰国後は科学委員会(科学アカデミーの前身)研究員としてモンゴル語,モンゴル史を研究するかたわら,詩人,作家としての活動を開始するが,当時の極左的政治状況のもとで32年逮捕され,約半年投獄される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ナツァグドルジの関連キーワードダムディンスレンボヤンネメホ