ナフトール染料(読み)ナフトールせんりょう(英語表記)naphthol dye

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナフトール染料
ナフトールせんりょう
naphthol dye

不溶性アゾ染料 (アゾイック染料) 。木綿用の堅牢な染料で,初期にナフトール (下漬剤) とジアゾニウム塩 (顕色剤) のカップリングで製造したものが多く使われたが,その後,多数のナフトール誘導体が利用されるようになり,下漬剤として 30種以上,顕色剤として 60種以上が実用化され,これらの組合せで色相も広範囲にわたる。おもにセルロース繊維浸染捺染に利用され,染色法の改良により合成繊維にも用いられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ナフトールせんりょう【ナフトール染料】

ナフトール化合物を用い、繊維上で染料を合成して染色するもの。主として木綿の染色に用いる。 → 氷染染料

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のナフトール染料の言及

【アゾイック染料】より

…水溶性基をもたないカップリング成分(下漬剤)とジアゾ成分(顕色剤)とを繊維上でカップリングさせて不溶性アゾ染料をつくることにより染色の目的を達する染料で,ナフトール染料naphthol dyeともいわれる。主としてセルロース系の染色に使用される。…

※「ナフトール染料」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android