コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナミビア理事会 ナミビアりじかいCouncil for Namibia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナミビア理事会
ナミビアりじかい
Council for Namibia

1966年の第 21回国連総会決議により,ナミビアに対する南アフリカ共和国の委任統治は終了し,同地域は国連の直接の責任下におかれたが,その福祉のため 67年の第5回特別総会で設置された機構。当初は南西アフリカ理事会と呼ばれたが,68年ナミビア理事会と改称。同理事会は,(1) ナミビアを独立にいたるまでできるだけ多数の住民参加のもとに施政する,(2) 普通選挙による立法議会が設置されるまで施政に必要な法律,命令,行政規則を制定するなどの権限を総会から委任され活動を行なったが,90年3月ナミビアの独立実現により解散した。構成国は 90年の時点で 31。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ナミビア理事会の関連キーワード新藤兼人加藤泰丹下健三野村芳太郎森一生宇宙開発史(年表)ビートルズキリスト教民主同盟東松照明ボータ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android