コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナミマガシワガイ ナミマガシワガイ Anomia chinensis; jingle shell

2件 の用語解説(ナミマガシワガイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナミマガシワガイ
ナミマガシワガイ
Anomia chinensis; jingle shell

軟体動物門二枚貝綱ナミマガシワガイ科。殻長 3.5cm,殻高 3.0cm,殻幅 0.4cm。大型種では殻長 5cmに達するものもある。殻は薄質で,付着生活のため形が一定しない。左殻はややふくらみ,白,黄,赤,褐色などの色があり,殻表の彫刻は付着している地物の形を写している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナミマガシワガイ
なみまがしわがい / 波間柏貝
jingle shell
[学]Anomia chinensis

軟体動物門二枚貝綱ナミマガシワガイ科の二枚貝。北海道以南、東南アジアまで広く分布し、潮間帯から水深5メートルぐらいの岩礁や他の貝の殻表に固着する。殻形は付着する基質の型に左右されるため一定しないが、多くは丸みがあり、殻高30ミリ、殻長35ミリ、殻幅4ミリぐらいになり、大形のものは殻長50ミリに達する。左殻が薄くてやや膨らみ、白、黄、赤、褐色などさまざまで、弱い真珠光沢があり、微細なしわもある。殻表にはしばしば付着している他種の形を写した肋(ろく)などができる。右殻は扁平(へんぺい)で甚だ薄く、石灰質の栓のような足糸の出る穴がある。死殻が海浜に打ち上げられたようすをカシワの葉に見立てたのが和名の由来である。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナミマガシワガイの関連キーワード多板類軟体動物二枚貝類ミルガイ小玉貝二枚貝玉貝波間柏貝軟体類二枚貝綱

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone