コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナムサダン(男寺党) ナムサダン

1件 の用語解説(ナムサダン(男寺党)の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ナムサダン(男寺党)【ナムサダン】

朝鮮で李朝中期から1920年代にかけて,村々で民衆娯楽を提供してきた旅芸人。そのグループ〈男寺党輩〉は元来,社会的に最も蔑まれた巫家系の男性たちによって形成された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ナムサダン(男寺党)の関連キーワード馮鏡如高麗茶碗御本茶碗三浦の乱今様歌エブラ古備前書堂造国寺預け

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone