コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナレッジワーカー

1件 の用語解説(ナレッジワーカーの意味・用語解説を検索)

人材マネジメント用語集の解説

ナレッジワーカー

・knowledge worker
オーストリアの経営学者・社会学者であるピーター・ドラッカーによって用いられたことば
ナレッジワーカーとは、企業に対して知識により付加価値生み出す労働者の事を表し、知的生産物を創造する労働者に用いられる。従前の製造(生産)に従事する労働者(単純労働者)に対する対立概念でもある。
・この言葉が用いられるようになった背景には、世界的な経済発展等による金融工学の進歩、コンピュータ技術等の躍進等により、これまでの形のあるものを生産する労働から、形の無い、知的生産物を創造する業務に多くの労働者がシフトする現象が発生したためである。
・これらの労働者は、時間的・空間的な制約も受けず、IT環境(モバイル環境)等も駆使して業務に従事することが多い。
・代表的なものはコンサルタントや金融業界で高度な金融工学を駆使するディーラー等である。

出典|(株)アクティブアンドカンパニー
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナレッジワーカーの関連キーワード怖めるKEKMMSWダブルワーカーフリーワーカー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ナレッジワーカーの関連情報