コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナレースエン・マハラート Naresuan Maharat

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナレースエン・マハラート
Naresuan Maharat

[生]?
[没]1605
タイ,アユタヤ朝第 20代の王 (在位 1590~1605) 。プラ・ナレースエンともいわれる。アユタヤ朝中期の隆盛の基礎をつくった。「黒太子」と呼ばれた王子時代にビルマとの戦いに敗れ,人質としてビルマで7年間過した。 1584年にビルマにそむき,ビルマ軍の侵入を退け,マレー半島インド洋岸の港を占領して 90年に即位。カンボジア王都を占領して捕虜を北タイに移民させ (1594) ,またチエンマイの主権をビルマから奪還した (95) 。 98年スペインと修好通商条約を締結。 1600年タウングー攻略に失敗したのち,アバを拠点とするビルマ勢力とシャン族独立をめぐる戦争中,病死した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ナレースエン・マハラートの関連キーワードレオ11世フョードル2世アクバル慶長の大地震ボリスゴドノフグスマン徳川秀忠アクバルナレースエンニューフランス

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android