コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナンガパルバット Nanga Parbat

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナンガパルバット
Nanga Parbat

ヒマラヤ山脈西部,カシミール地方パキスタン管理地域のパンジャブヒマラヤにある高峰。標高 8126m。山名はサンスクリット語で「裸の山」を意味する nanga parvataに由来。ディアミールあるいはディアマール Diamirとも呼ばれる。南壁の高さは約 4600mにも及び,世界最大の懸崖となっている。1895年,初の登山を試みたイギリスのアルバート・F.ママリーとポーター 2人が雪崩で行方不明になったのをはじめ,数多くの犠牲者を出した山として有名で「魔の山」と呼ばれた。1953年ドイツ=オーストリア隊のヘルマン・ブールが,K.ヘルリヒコーファ隊長の許可を受けずに,四十余時間の北東稜単独登攀によって初登頂に成功した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ナンガパルバット【Nanga Parbat】

パキスタン北部、カシミール地方にあるヒマラヤ山脈西端の高峰。海抜8125メートル。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ナンガパルバットの関連キーワード八千メートル峰河野 兵市アストールメスナートロールタルシンチラス

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ナンガパルバットの関連情報