コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

懸崖 けんがい

盆栽用語集の解説

懸崖

盆栽樹形のひとつで、樹の先端部分が鉢縁よりも下にあるものを総じてこう呼ぶ。自然環境の中で断絶壁にしがみつくように生きる樹々を模したもので、生命力のたくましさや自然の厳しさなどさまざまなものを表現できる。
06

出典|(株)近代出版盆栽用語集について | 情報

デジタル大辞泉の解説

けん‐がい【懸崖】

切り立ったがけ。きりぎし。
盆栽で、茎や枝が根より低く、鉢の外に垂れ下がるように作ったもの。「懸崖作りの菊」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

けんがい【懸崖】

切り立ったがけ。きりぎし。
盆栽で、茎や枝が根より下に垂れ下がるように仕立てること。菊の鉢植えでもつくる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

懸崖の関連キーワードティエンムーシャン(天目山)山脈ホワンクオシュー(黄果樹)瀑布岐阜県安八郡輪之内町オリュンポス[山]ナンガパルバットホワン(黄)山天目山(中国)パイホイ丘陵長南[町]加賀ノ潜戸菱山 修三菱山修三木曽山脈懸崖作りチキウ岬大鵬正鯤変わり木稲村ヶ崎三段峡三仏寺

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

懸崖の関連情報