懸崖(読み)けんがい

盆栽用語集の解説

懸崖

盆栽樹形のひとつで、樹の先端部分が鉢縁よりも下にあるものを総じてこう呼ぶ。自然環境の中で断絶壁にしがみつくように生きる樹々を模したもので、生命力のたくましさや自然の厳しさなどさまざまなものを表現できる。
06

出典 (株)近代出版盆栽用語集について 情報

デジタル大辞泉の解説

けん‐がい【懸崖】

切り立ったがけ。きりぎし。
盆栽で、茎や枝が根より低く、鉢の外に垂れ下がるように作ったもの。「懸崖作りの菊」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けんがい【懸崖】

切り立ったがけ。きりぎし。
盆栽で、茎や枝が根より下に垂れ下がるように仕立てること。菊の鉢植えでもつくる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

懸崖の関連情報