ナンブアザミ(読み)なんぶあざみ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナンブアザミ
なんぶあざみ / 南部薊
[学]Cirsium nipponicum (Maxim.) Makino

キク科の多年草。茎は叢生(そうせい)し、高さ1~2メートル。根出葉はあるが、花時にはみられない。8~10月、枝端に多数の頭花を下向きにつける。山野にごく普通に生え、東北から中部地方の日本海側に分布する。本種に似たものがいくつかあり、変種関係と考えられている。関東地方の山野に普通に生えるタイアザミ、関東地方の海岸に生えるイガアザミ、近畿と中国地方に多いヨシノアザミ、四国のシコクアザミなどである。[小山博滋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のナンブアザミの言及

【アザミ(薊)】より

…草丈が2m近くなる大型のアザミで,葉の基部が茎に延下しているのが特徴である。本州の東北地方にはナンブアザミC.nipponicum (Maxim.) Makinoがあり,これも大型で,草丈は2m近くある。葉の基部は茎に延下しない。…

※「ナンブアザミ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android