コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナーナイ語 ナーナイごNanai language

2件 の用語解説(ナーナイ語の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナーナイ語
ナーナイご
Nanai language

アムール川流域および中国の富錦などに話されている言語で,ツングース語の一つ。話し手は旧ソ連領に約1万人,中国に約 1000人。他称はゴリド語 (ゴルジ語) 。 1931年ローマ字による表記法をもち,37年からはロシア文字で書かれるようになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナーナイ語
なーないご
Nanai

ツングース語の一つ。ゴルディ語ともいう。中国東北部からロシアにかけて松花江(しょうかこう)下流・ウスリー川沿岸、それより下流のアムール川(黒竜江)地方に住む少数民族ナーナイ(自称)の言語。中国領内のナーナイ語はヘジェ語といい、漢字では赫哲語と書かれる。人口はロシアで1989年1万2000人、中国で1990年4300人。ロシアでナーナイ語を母語として使う者はその44.1%。口頭で使うほか、今日ロシアではロシア文字で書き記し、教科書、詩集なども出版されている。この言語の最古の記録は19世紀後半のものである。[池上二良]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone