コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニウエ島 ニウエとう Niue

2件 の用語解説(ニウエ島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニウエ島
ニウエとう
Niue

南太平洋中部,クック諸島トンガとの間にあるサンゴ島ニュージーランド自由連合協定を締結している。1774年ジェームズクックが来航。1900年正式にイギリス領となり,1901年クック諸島の一部としてニュージーランド領となったが 1903年に分離。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ニウエ(Niue)

南太平洋、トンガの東にあるニウエ島を占める国。首都アロフィ。英国保護領、ニュージーランド属領を経て、1974年に内政自治権を獲得し、ニュージーランドと自由連合関係を結ぶ。経済基盤が弱く、国際機関からの援助や海外移住者からの送金に頼る。日本は、2015年5月に国家として承認。面積259平方キロメートル。人口1300人(2013)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ニウエ島の関連キーワードスバトンガ南太平洋委員会ラロトンガ条約南太平洋反逆の南太平洋トンガタプ[島]《南太平洋》南太平洋経済協力機関南太平洋大学

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone