ニクス(英語表記)Nix

翻訳|nix

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニクス
にくす
Nyx

ギリシア神話の女神。ギリシア語で「夜」を意味し、その擬人化されたもの。エレボスとともにカオス(混沌(こんとん))から生まれ、エレボスとの間にアイテルとヘメラをもうけた。またモイライ(運命)、タナトス(死)、ヒプノス(眠り)、ネメシス(懲罰)、エリス(争い)などの母ともされている。このような宇宙生成の神話にみられるニクスは、思弁的、抽象的な夜として理解されたが、一方で繰り返される自然現象としての夜の理解もあり、両方の概念が互いに入り混じっている。ニクスには具体的な崇拝も神話も見当たらない。[伊藤照夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のニクスの言及

【NIEs】より

…1970年代の石油危機後の世界的な経済の低成長の中にあって,急速な経済成長を続ける発展途上国を指してOECD(経済協力開発機構)が新興工業国Newly Industrializing Countries(NICs。ニクス)と名付けた。アジアNICs(韓国,台湾,香港,シンガポール),ラテン・アメリカNICs(メキシコ,ブラジル),ヨーロッパNICs(ギリシア,ポルトガル,スペイン,ユーゴスラビア)の10ヵ国・地域が挙げられた。…

※「ニクス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android