コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニクス ニクス Nix

翻訳|Nix

2件 の用語解説(ニクスの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ニクス(Nix)

冥王星の第2衛星。名はギリシャ神話の夜の女神ニュクスに由来。2005年にハッブル宇宙望遠鏡で発見された。直径は40~60キロ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニクス
にくす
Nyx

ギリシア神話の女神。ギリシア語で「夜」を意味し、その擬人化されたもの。エレボスとともにカオス(混沌(こんとん))から生まれ、エレボスとの間にアイテルとヘメラをもうけた。またモイライ(運命)、タナトス(死)、ヒプノス(眠り)、ネメシス(懲罰)、エリス(争い)などの母ともされている。このような宇宙生成の神話にみられるニクスは、思弁的、抽象的な夜として理解されたが、一方で繰り返される自然現象としての夜の理解もあり、両方の概念が互いに入り混じっている。ニクスには具体的な崇拝も神話も見当たらない。[伊藤照夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のニクスの言及

【NIEs】より

…1970年代の石油危機後の世界的な経済の低成長の中にあって,急速な経済成長を続ける発展途上国を指してOECD(経済協力開発機構)が新興工業国Newly Industrializing Countries(NICs。ニクス)と名付けた。アジアNICs(韓国,台湾,香港,シンガポール),ラテン・アメリカNICs(メキシコ,ブラジル),ヨーロッパNICs(ギリシア,ポルトガル,スペイン,ユーゴスラビア)の10ヵ国・地域が挙げられた。…

※「ニクス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ニクスの関連キーワードネレイドカルポカレサオスポンデパシテーハリメデプサマテヘリケリシテア

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ニクスの関連情報