コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニクソン・ドクトリン Nixon Doctrine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニクソン・ドクトリン
Nixon Doctrine

アメリカの R.ニクソン大統領が 1969年7月 26日にグアム島での記者会見,同年 11月のテレビ演説,さらに 70年1月の議会あて外交教書『1970年代のアメリカ外交政策』で表明したアジア防衛に関するアメリカの新政策。グアム・ドクトリンとも呼ばれる。その要点は,(1) アメリカはすべての条約義務を守る,(2) 同盟国や友好国を核保有国脅威から防御する,(3) 侵略が問題となる場合には軍事・経済援助を与えるが,自衛の第一義的責任は脅威を受けた国が負う,というもの。その精神は「ベトナム二の舞を演じない」ということで,「非核攻撃やその脅威に対しては,関係のアジア諸国自身が抵抗するものとする」ということになる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニクソン・ドクトリン
にくそんどくとりん
The Nixon Doctrine

アメリカの対外安全保障政策の一つ。新太平洋ドクトリンともよばれる。ベトナム戦争の泥沼にはまったジョンソン政権の後を継いだニクソン大統領は、1969年7月26日、グアム島でアジア戦略の基本戦略(グアム・ドクトリン)を公表、〔1〕条約上の責務を守る、〔2〕同盟国の自由またはアメリカの安全が脅かされれば核の傘を提供、〔3〕その他の侵略には基本的に各国の自衛努力による、ことを宣言したが、翌70年2月18日公表の外交教書で、前述の戦略を全世界に拡大適用することを発表、以後この戦略はニクソン・ドクトリンとよばれるようになった。これは、(1)同盟諸国とのパートナーシップ、(2)アメリカの安全を脅かす国には「力による対決」を行うこと、(3)平和のための「交渉」の重視、を内容とした。とくに(1)は、同盟諸国の自助およびアメリカの地上軍負担の軽減を強調したもので、単に当時のベトナム戦争に関してだけでなく、その後の歴代政権の世界的基本戦略となった。これは、大量のアメリカ地上軍を投入して失敗したベトナムでの教訓を取り入れたものとされている。[陸井三郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のニクソン・ドクトリンの言及

【日米安全保障条約】より

…こうした情勢を背景に75年8月,坂田道太防衛庁長官とシュレジンジャー国防長官が会談し日米の作戦協力上の諸問題について研究・協議していくことに合意した。 アメリカ側でも,1969年7月発表のニクソン・ドクトリンに基づき,アメリカは同盟国に対する防衛約束を守るが,同盟国の防衛上の自助努力を求める方向を重視した。このためアメリカは,海・空の機動的攻撃力を提供し,同盟国の軍事力と合体して脅威に対処する〈全体戦力(トータル・フォース)構想〉を進めてきた。…

※「ニクソン・ドクトリン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ニクソン・ドクトリンの関連キーワードニクソン(Richard Milhous Nixon)アメリカ合衆国史(年表)ディスエンゲージメント佐世保基地の返還6項目佐藤=ニクソン共同声明サザン・ストラテジー東南アジア諸国連合キッシンジャー冷戦史(年表)ベトナム化政策軍産複合体米ロ関係日米関係

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android