コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニクソン・ドクトリン ニクソン・ドクトリン Nixon Doctrine

2件 の用語解説(ニクソン・ドクトリンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニクソン・ドクトリン
ニクソン・ドクトリン
Nixon Doctrine

アメリカの R.ニクソン大統領が 1969年7月 26日にグアム島での記者会見,同年 11月のテレビ演説,さらに 70年1月の議会あて外交教書『1970年代のアメリカ外交政策』で表明したアジア防衛に関するアメリカの新政策。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニクソン・ドクトリン
にくそんどくとりん
The Nixon Doctrine

アメリカの対外安全保障政策の一つ。新太平洋ドクトリンともよばれる。ベトナム戦争の泥沼にはまったジョンソン政権の後を継いだニクソン大統領は、1969年7月26日、グアム島でアジア戦略の基本戦略(グアム・ドクトリン)を公表、〔1〕条約上の責務を守る、〔2〕同盟国の自由またはアメリカの安全が脅かされれば核の傘を提供、〔3〕その他の侵略には基本的に各国の自衛努力による、ことを宣言したが、翌70年2月18日公表の外交教書で、前述の戦略を全世界に拡大適用することを発表、以後この戦略はニクソン・ドクトリンとよばれるようになった。これは、(1)同盟諸国とのパートナーシップ、(2)アメリカの安全を脅かす国には「力による対決」を行うこと、(3)平和のための「交渉」の重視、を内容とした。とくに(1)は、同盟諸国の自助およびアメリカの地上軍負担の軽減を強調したもので、単に当時のベトナム戦争に関してだけでなく、その後の歴代政権の世界的基本戦略となった。これは、大量のアメリカ地上軍を投入して失敗したベトナムでの教訓を取り入れたものとされている。[陸井三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のニクソン・ドクトリンの言及

【日米安全保障条約】より

…こうした情勢を背景に75年8月,坂田道太防衛庁長官とシュレジンジャー国防長官が会談し日米の作戦協力上の諸問題について研究・協議していくことに合意した。 アメリカ側でも,1969年7月発表のニクソン・ドクトリンに基づき,アメリカは同盟国に対する防衛約束を守るが,同盟国の防衛上の自助努力を求める方向を重視した。このためアメリカは,海・空の機動的攻撃力を提供し,同盟国の軍事力と合体して脅威に対処する〈全体戦力(トータル・フォース)構想〉を進めてきた。…

※「ニクソン・ドクトリン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ニクソン・ドクトリンの関連キーワードアメリカバイソンアングロアメリカ大統領府ドルショックニクソンオハイオリチャードMニクソンジェラルドRフォードフロスト×ニクソン大統領選挙(Presidential election)

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ニクソン・ドクトリンの関連情報