ニコルソン(読み)にこるそん(英語表記)Ben Nicholson

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニコルソン(Ben Nicholson)
にこるそん
Ben Nicholson
(1894―1982)

イギリスの画家。画家ウィリアム・ニコルソンの息子としてバッキンガムシャーのデナムに生まれる。一時スレード美術学校に通ったものの長続きせず、絵はほとんど独学で修得した。その後、ヨーロッパやアメリカで絵を学ぶうちに、セザンヌやキュビスムに感化されて抽象的傾向の強い静物画や風景画を描いた。1931年彫刻家のバーバラ・ヘップワースと出会い(のちに結婚し1951年離婚)、翌年ともにパリのブラックやアルプを訪れ、ミロやコルダーの明るい色彩や自由な形態から強い影響を受けた。また、33年のモンドリアンとの出会いは彼を冷たい幾何学的な構成へと向かわせ、同年初めて円と方形だけのレリーフ作品を制作した。33~35年にはパリの「抽象=創造(アプストラクシオン・クレアシオン)」の展覧会に出品している。しかし、生来の落ち着いた色調と抑制の効いた構成に対する趣味は、作品に豊かな叙情性を生み、彼をモンドリアンのような極端に走らせることを妨げた。37年にはナウム・ガボらとともに構成主義のマニフェストというべき『サークル』誌を発刊した。ロンドンに没。[谷田博行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ニコルソンの関連情報