コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コルダー Calder, Alexander

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コルダー
Calder, Alexander

[生]1898.7.22. フィラデルフィア
[没]1976.11.11. ニューヨーク
アメリカの彫刻家。モビールの創始者。父は彫刻家,母は画家。技術者としての教育を受けたが,アート・スチューデンツ・リーグで絵を学び画家となる。 1926年パリに行き,木と針金で連作『サーカス』を制作。同年針金で肖像や動物などを作り,27年のサロン・デ・ユモリストに出品。その後モンドリアンの芸術に影響され,31年に針金と木で最初の抽象彫刻を制作。初めモータでそれを動かしたが,翌年天井からつるし,風の力で動く作品を完成。いずれも M.デュシャンによって「モビール」と命名された。一方,動かないものは「スタビル」と呼ばれる。 33年以来パリとコネティカット州ロックスベリーの2ヵ所のアトリエで制作した。 58年にはパリのユネスコ本部の庭に壮大なモビールを制作。 20世紀の動く彫刻の開拓者の1人。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

コルダー(Alexander Calder)

[1898~1976]米国の彫刻家。動く彫刻モビールを発案し、20世紀の抽象彫刻に新生面を開いた。カルダー

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コルダー
こるだー
Alexander Calder
(1899―1976)

アメリカの彫刻家。動く彫刻「モビール」の創始者として知られる。ペンシルベニア州フィラデルフィアに生まれる。初め機械技師を志したが、ニューヨークに出てアート・スチューデンツ・リーグに学ぶ。1926年パリに留学し、針金細工の人物像をつくる。その後モンドリアンやミロとの出会いを契機に、抽象彫刻に変わり、やがて動く抽象彫刻「モビール」に発展させた。モビールは、一点の支柱で支えられた金属片が微妙な均衡を保ち、わずかな大気の流れにも応じて運動し変化する。また動かない金属彫刻「スタビル」も制作している。軽やかで有機的な抽象形態が刻々と変化するモビールの創造は、キネティック・アートの一種として、従来の彫刻作品に時間軸を導入した画期的な試みであり、近代芸術に新しい領域を切り開くものであった。[石崎浩一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

コルダーの関連キーワードチャドウィック(Lynn Chadwick)ニコルソン(Ben Nicholson)ワシントン・ナショナル・ギャラリーNatural Crystalミュンスター彫刻プロジェクトリン チャドウィック滋賀県立近代美術館ウェークフィールドフランス史(年表)メディア・アートシュルレアリスムピウス[7世]コンコルダートピウス(7世)ウォルムス協約ファナリオテスチャドウィック国立国際美術館名古屋市美術館サンテレーヌ島

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コルダーの関連情報