コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コルダー コルダー Calder, Alexander

3件 の用語解説(コルダーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コルダー
コルダー
Calder, Alexander

[生]1898.7.22. フィラデルフィア
[没]1976.11.11. ニューヨーク
アメリカの彫刻家。モビールの創始者。父は彫刻家,母は画家。技術者としての教育を受けたが,アート・スチューデンツ・リーグで絵を学び画家となる。 1926年パリに行き,木と針金で連作『サーカス』を制作。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

コルダー(Alexander Calder)

[1898~1976]米国の彫刻家。動く彫刻モビールを発案し、20世紀の抽象彫刻に新生面を開いた。カルダー

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コルダー
こるだー
Alexander Calder
(1899―1976)

アメリカの彫刻家。動く彫刻「モビール」の創始者として知られる。ペンシルベニア州フィラデルフィアに生まれる。初め機械技師を志したが、ニューヨークに出てアート・スチューデンツ・リーグに学ぶ。1926年パリに留学し、針金細工の人物像をつくる。その後モンドリアンやミロとの出会いを契機に、抽象彫刻に変わり、やがて動く抽象彫刻「モビール」に発展させた。モビールは、一点の支柱で支えられた金属片が微妙な均衡を保ち、わずかな大気の流れにも応じて運動し変化する。また動かない金属彫刻「スタビル」も制作している。軽やかで有機的な抽象形態が刻々と変化するモビールの創造は、キネティック・アートの一種として、従来の彫刻作品に時間軸を導入した画期的な試みであり、近代芸術に新しい領域を切り開くものであった。[石崎浩一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コルダーの関連キーワードフィラデルフィア管弦楽団フィラデルフィアサウンドフィラデルフィア宣言クラフトフィラデルフィアクリーミィソフトクラフトフィラデルフィアクリームチーズクラフトフィラデルフィアクリームチーズ6Pフィラデルフィアの市庁舎フィラデルフィア協会フィラデルフィア制フィラデルフォス

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コルダーの関連情報