コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デナム デナムDenham, Dixon

3件 の用語解説(デナムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デナム
デナム
Denham, Dixon

[生]1786.1.1. ロンドン
[没]1828.5.8. シエラレオネフリータウン
イギリスの旅行家。陸軍軍人としてナポレオン戦争に参加。 1821年イギリス政府調査隊に加わりトリポリを出発。 23年サハラを横断しボルヌに着くと一行から分れ,チャド湖の西,南,南東岸,ウァウビ,ロゴネ,シャリ川の下流域を調査し,25年6月一行と合流し帰国。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

デナム
デナム
Denham, Sir John

[生]1615. ダブリン
[没]1669.3.10. ロンドン
イギリスの詩人。清教徒革命の際は王党派に属しフランスに亡命。王政復古後は建設総監督官となり,1661年ナイトに叙せられた。代表作『クーパーの丘』 Cooper's Hill (1642) は自然描写と道徳的,歴史的,政治的考察とを結びつけたもので,18世紀の叙景瞑想詩の先駆をなす。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

デナム【John Denham】

1615‐69
イギリスの詩人。オックスフォード大学に学んだのち,法律を修めたが,劇《ソフィー》(1641上演)で文学者としての成功も得た。ピューリタン革命中は王党派に属し,一時海外に亡命。帰国後も,いわばレジスタンスとも呼ぶべき運動をひそかに続けた。詩人としての名声は,長詩《クーパーの丘》(1642発表,1655刊)によって決定的となる。これはロンドンからテムズ川をややさかのぼったところにある彼の所領の高みから,近くのウィンザー城を眺め,テムズ川を見はるかし,イギリスの歴史に思いをはせたりする内容で,のちに〈眺望詩〉と呼ばれるジャンルを確立した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

デナムの関連キーワード田沼時代ベニョフスキー徳川家治フリードリヒコーンウォリス砦中村富十郎林爽文の乱福山藩天明の一揆海国兵談グリム兄弟

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

デナムの関連情報