コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デナム Denham, Dixon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デナム
Denham, Dixon

[生]1786.1.1. ロンドン
[没]1828.5.8. シエラレオネ,フリータウン
イギリスの旅行家。陸軍軍人としてナポレオン戦争に参加。 1821年イギリス政府調査隊に加わりトリポリを出発。 23年サハラを横断しボルヌに着くと一行から分れ,チャド湖の西,南,南東岸,ウァウビ,ロゴネ,シャリ川の下流域を調査し,25年6月一行と合流し帰国。 27年解放奴隷の監督として西アフリカにおもむき,次いでシエラレオネの総督に任命された。

デナム
Denham, Sir John

[生]1615. ダブリン
[没]1669.3.10. ロンドン
イギリスの詩人。清教徒革命の際は王党派に属しフランスに亡命。王政復古後は建設総監督官となり,1661年ナイトに叙せられた。代表作『クーパーの丘』 Cooper's Hill (1642) は自然描写と道徳的,歴史的,政治的考察とを結びつけたもので,18世紀の叙景瞑想詩の先駆をなす。優美で高雅なヒロイック・カプレットは J.ドライデン,A.ポープらに称賛され,この詩型流行の端緒を開いた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

デナム【John Denham】

1615‐69
イギリス詩人オックスフォード大学に学んだのち,法律を修めたが,劇《ソフィー》(1641上演)で文学者としての成功も得た。ピューリタン革命中は王党派に属し,一時海外に亡命。帰国後も,いわばレジスタンスとも呼ぶべき運動をひそかに続けた。詩人としての名声は,長詩《クーパーの丘》(1642発表,1655刊)によって決定的となる。これはロンドンからテムズ川をややさかのぼったところにある彼の所領の高みから,近くのウィンザー城を眺め,テムズ川を見はるかし,イギリスの歴史に思いをはせたりする内容で,のちに〈眺望詩〉と呼ばれる小ジャンルを確立した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

デナムの関連キーワードニコルソン(Ben Nicholson)アジソン(Thomas Addison)バレエ・リュス・ド・モンテカルロジェイムス マーティンロンドン・フィルムベン ニコルソンレッドグレーブブールハーフェソーバージュ9月10日清教徒革命ニコルソン6月25日アマックス小舞踏病王政復古ハガードマレー舞踏病猩紅熱

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android