コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガボ ガボ Gabo, Naum

6件 の用語解説(ガボの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガボ
ガボ
Gabo, Naum

[生]1890.8.5. ブリャンスク
[没]1977.8.23. コネティカット,ウォーターベリー
ロシア生れのアメリカの彫刻家。本名 Naum Neemia Pevsner。彫刻家ペブスネルの弟。 1910年ミュンヘンで医学,自然科学を学ぶ。 12年にカンディンスキーに会う。第1次世界大戦勃発に際しオスロに逃れ,15年にキュビスムの手法による最初の彫刻を制作。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ガボ(Naum Gabo)

[1890~1977]ロシア生まれの彫刻家。のち、米国に帰化。構成主義の代表者で、プラスチックなどの新素材により、独自の彫刻空間を構築した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ガボ

彫刻家。本名ナウム・ネーミア・ペブスナーNaum Neemia Pevsner。A.ペブスナーの弟。ロシアのブリアンスク生れ。1912年ミュンヘンでカンディンスキーを知り,さらにパリでアルキペンコと会って,彫刻を始める。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ガボ【Naum Gabo】

1890‐1977
彫刻家。本名ペブスナーNaum Neemia Pevsner。ロシアのブリアンスクに生まれ,最初ミュンヘンで工学を学んだが,1914年彫刻を始める。革命後ロシアにもどり,20年兄A.ペブスナーとともに〈リアリズム宣言〉を発し,構成主義彫刻の礎を築いた。22年ベルリンに亡命,以後西欧における構成主義の代表作家として活躍。32年パリに移って〈抽象・創造〉グループに参加。その後ロンドンを経て46年アメリカに渡り,大モニュメントなどを制作した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ガボ【Naum Gabo】

1890~1977) ロシア生まれの彫刻家。ドイツ・ソ連・アメリカなどで活躍。彫刻における構成主義運動の代表者。色つきの透明プラスチックを素材として新しい彫刻空間を創造。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガボ
がぼ
Naum Gabo
(1890―1977)

アメリカの彫刻家。本名はNaum Neemia Pevsnerで、兄のアントアーヌ・ペブスナーも彫刻家。ロシアのブリアンスクに生まれ、ミュンヘンで医学、工学を修め、またウェルフリンの美術史学の講義を聴く。1913~14年パリに滞在し、キュビスムに影響される。15年、戦争の混乱を逃れオスロに赴いたとき、彼の最初の構成物を手がける。17年、革命後に帰国し、セルロイドなどの素材により、現代彫刻を特色づける非重量的な立体を制作。タトリンたちと交友、構成主義の運動をおこす。20年、兄とともに新たな実在の芸術を標榜(ひょうぼう)する「レアリスム宣言」を発表。同年にはモーターを使用したキネティック・アート(動く芸術)を制作。芸術と社会の結合を目ざすが、その立場はタトリンたちとは異なり、より美学的であった。新興芸術への政治圧迫が加わると、22年ベルリンを去り、33年パリ、35年ロンドンで活躍したのち、46年にアメリカに渡り帰化した。[藤枝晃雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のガボの言及

【キネティック・アート】より

…動的なしくみか駆動装置を有し,空間と時間とによる芸術表現を行う造形作品をいう。20世紀に現れた新しい芸術分野で,ロシアの彫刻家N.ガボがキュビスムや未来派の考えをもとに制作した,モーターを使った彫刻(1910)が最初の作品。その後,M.デュシャンの《回転半球》(1925)などがある。…

【構成主義】より

…同年ロドチェンコらは,社会主義国家建設に際して芸術の果たすべき役割は直接生産活動に参加することだとして生産主義芸術proizvodstvennoe iskusstvoを唱えた。これに同意できなかったA.ペブスナーN.ガボの兄弟はフランスとドイツに亡命し,生涯構成主義の彫刻を作り続けた。生産主義的構成主義者は芸術技術者としていすやランプなどの実用品,ポスター,舞台装置のデザイン,写真などを手がけ,なかにはリシツキーのようにロシアのほかドイツやスイスで活躍した人もいる。…

※「ガボ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ガボの関連キーワード奥田勝ペブスナー産土彫刻家リスナーペブルペブ建畠覚造氏瀬戸剛ペブスナー,N.N.

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ガボの関連情報