コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘップワース ヘップワースHepworth, (Dame Jocelyn) Barbara

4件 の用語解説(ヘップワースの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘップワース
ヘップワース
Hepworth, (Dame Jocelyn) Barbara

[生]1903.1.10. ヨークシャー,ウェークフィールド
[没]1975.5.20. コーンウォール,セントアイブズ
イギリスの女性彫刻家。 1920年リーズ美術学校,1921~24年ロイヤル・アカデミーで学ぶ。イタリアで石の直彫 (じかぼり) を修得し,1928年ロンドンで初の個展。 1933年画家 B.ニコルソンと結婚。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ヘップワース
ヘップワース
Hepworth, Cecil

[生]1874. ロンドン
[没]1953
イギリス映画の開拓者。さまざまなジャンルの映画を撮り,技術的にも貢献。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ヘップワース

英国の女性彫刻家。ヨークシャー生れ。16歳で彫刻を志し,リーズ美術学校に入学,そこで知り合ったムーアとともにロンドンのローヤル・アカデミーに進む。ローマに留学し彫刻家アルディーニArdiniに会って直彫りの手法を知り,1931年から石をくりぬいた彫刻を制作。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘップワース
へっぷわーす
Barbara Hepworth
(1903―1975)

イギリスの女流彫刻家。ヨークシャーのウェークフィールドに生まれる。リーズ美術学校およびロンドンのロイヤル・アカデミー美術学校に学び、1924年イタリアに留学。30年代初頭から抽象彫刻を試みたが、パリで出会ったブランクーシやガボ、アルプらの影響もあって、彼女の作品は抽象彫刻とはいっても幾何学的な冷たさのない、温かみのある有機的なフォルムに特徴がある。32年画家ベン・ニコルソンと結婚し(51年離婚)、彼とともに「抽象=創造(アプストラクシオン・クレアシオン)」や「ユニット・ワン」などのグループに精力的に参加、多くの前衛作家と交流をもった。39年からコーンウォールのセント・アイブスに移り住むと、彼女の作品はますます自然のリズミカルな躍動感に息づき、素材に対する感覚が研ぎ澄まされていった。59年の第5回サン・パウロ・ビエンナーレで大賞を受賞した。セント・アイブスにヘップワース美術館がある。[谷田博行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ヘップワースの関連キーワードプラット修正ロシア映画キュリーククルイニクスイ幸徳秋水ブライアンアクリーションマグマ・ストーピングイラーセクイリンデン蜂起

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヘップワースの関連情報