コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニザダイ Prionurus scalprum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニザダイ
Prionurus scalprum

スズキ目ニザダイ科の海水魚全長 50cm内外。体は長楕円形で,強く側扁する。口は小さく,やや突き出る。体は一様に暗灰色であるが,尾柄に 4~5個の硬い楯状の黒色骨質板がある。植食性。宮城県から台湾に分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ニザダイ【Prionurus microlepidotus】

スズキ目ニザダイ科の海産魚。本州中部以南,沖縄,朝鮮半島,中国に分布する。カワハギに似た体型をしており,また厚い皮をはいで料理するのでカワハギ(鹿児島),ハゲ(高知,和歌山,下関など)と呼ばれることも多い。体側後部,尾の付け根の前に4~5個の黒い小突起が並ぶ。前の3個が大きく目だつのでサンノジサンジルシ(和歌山)と呼ばれ,またこれを銭に見たててゼニハゲゼニモチハゲ(田辺)の名もある。この突起は注意しないと手を切る。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニザダイ
にざだい / 仁座鯛
sawtail
[学]Prionurus scalpus

硬骨魚綱スズキ目ニザダイ科に属する海水魚。千葉県と新潟県以南、台湾の沿岸に分布。体は卵形でよく側扁(そくへん)し、全長40センチメートルに達する。口は小さく、細い歯が刷毛(はけ)状に並ぶ。体の後方に数個の硬い骨板があり、そのうちの3個がとくに顕著なのでサンノジの別名もある。浅海の岩礁域に群れをなして泳ぎ、海藻類を好んで食べる。幼魚はアクロヌルスとよばれ、体色は透明で、体形は成魚と異なっている。幼魚は日本の沿岸に初夏に現れ、潮だまり(タイドプール)付近で生活し、成長するにつれてしだいに深所に移動する。本科の魚のうち、もっとも北方で繁殖する種である。鱗(うろこ)は細かくて体に密着しているので、カワハギと同様に皮を剥(は)いで食用とするが、肉は磯臭(いそくさ)くてあまり美味でない。
 近縁種の多くは美麗であるが、体後部に鋭い骨性板(ミヤコテング、テングハギ)や、棘(とげ)(クロハギ、ナンヨウハギ)を備えているので、取り扱いには注意を要する。[井田 齋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ニザダイの関連キーワードコーラルフィッシュヒレナガハギナンヨウハギテングハギコバンダイシガテラ紋付剥掃除魚小判鯛黄色剥天狗剥南洋剥草食魚鰭長剥仁座鯛黒禿井田磯魚縞剥毒魚

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android