コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニシキウツギ(二色空木) ニシキウツギWeigela decora

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニシキウツギ(二色空木)
ニシキウツギ
Weigela decora

スイカズラ科の落葉低木。宮城県以南の本州の太平洋側に多く,四国,九州にも分布し,山地に生える。若枝は緑色で古くなると灰黒色になり,稜が目立つ。樹皮は縦にふぞろいに裂ける。葉は長さ6~10cmの楕円形ないし広楕円形で縁に鋸歯があり,表面は短毛を散生し,裏面は中肋に沿って毛を密生する。初夏に,若い枝の先や葉腋から短柄を出して,その先端に1~3個の花を散房状につける。花色は初め白色でのちに紅色に変るものが多いが,まれに初めから紅色のものがあり,これをベニバナニシキウツギ W. decora form. unicolorという。和名は花色が白色から紅色に変ることによる。同属の近縁種にタニウツギ (谷空木) ハコネウツギ (箱根空木) があり,前者は日本海側の山地に,後者は北海道南部以南の日本各地の海岸地域に生じる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ニシキウツギ(二色空木)の関連キーワードスイカズラ科近縁種

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android