コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハコネウツギ

百科事典マイペディアの解説

ハコネウツギ

スイカズラ科の落葉低木。本州中部太平洋側の海岸付近の山地にはえる。全体にほとんど毛がなく,葉は対生し,やや厚く光沢があり,広楕円形で先はとがり,縁には鋸歯(きょし)がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハコネウツギ【Weigela coraeensis Thunb.】

海岸近くに生えるスイカズラ科の落葉性低木(イラスト)。とくに箱根,伊豆地方に多いので,この名がある。庭木として植えられ,北海道東北地方では畑地などの生垣として利用する。全体にほとんど毛がなく,高さ4mとなる。葉は対生し,質がやや厚く,光沢がある。花は枝の先に集まり,5~6月に次々と咲く。花冠は筒状鐘形,長さ約3cm,初め白く後に紅色にかわる。子房は下位,棒状で2室,多数の胚珠をつける。果実は裂開し,狭い翼のある種子を飛散させる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハコネウツギ
はこねうつぎ / 箱根空木
[学]Weigela coraeensis Thunb.

スイカズラ科の落葉低木。高さ約4メートル、全体にほとんど毛はない。葉は対生し、楕円(だえん)形で長さ6~16センチメートル、質はやや厚く、表面は光沢がある。5~6月、葉腋(ようえき)から短い枝を出し、長さ3センチメートルの花を1~3個ずつ開く。花冠は漏斗(ろうと)状で先端は5裂し、初め白色でのちに紅色になるが、最後まで白色のものや、初めから紅色のものもある。花冠の基部に棍棒(こんぼう)状の小さな蜜腺(みつせん)がある。萼片(がくへん)は5枚で線状。子房は下位で円柱状、多数の胚珠(はいしゅ)が4列につく。果実は円柱形、種子は狭い翼がある。海岸近くに生え、北海道南部から九州に分布する。花を観賞するために庭木とする。[福岡誠行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone