コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハコネウツギ

百科事典マイペディアの解説

ハコネウツギ

スイカズラ科の落葉低木。本州中部太平洋側の海岸付近の山地にはえる。全体にほとんど毛がなく,葉は対生し,やや厚く光沢があり,広楕円形で先はとがり,縁には鋸歯(きょし)がある。5〜6月,新枝の葉腋に,初め白色で次第に紅紫色に変化する花を多数開く。花冠は径2.5cm内外,鐘状漏斗(ろうと)形で先は5裂し,筒部は急に細まる。果実は秋,褐色に熟し,裂けて翼のある種子を出す。生け垣,また潮風に強いため防風用に広く植えられている。近縁のニシキウツギは,葉が柔らかくて光沢がなく,花冠の筒部は次第に細まる。主に太平洋側気候の山地にはえる。サンシキウツギは富士山麓にはえ,全体に毛が多く,花は初めから紫紅色タニウツギは葉が薄く,裏に白毛を密生,花は紅色となる。日本海側気候の山地にはえる。各種とも庭木とされる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハコネウツギ【Weigela coraeensis Thunb.】

海岸近くに生えるスイカズラ科の落葉性低木(イラスト)。とくに箱根,伊豆地方に多いので,この名がある。庭木として植えられ,北海道や東北地方では畑地などの生垣として利用する。全体にほとんど毛がなく,高さ4mとなる。葉は対生し,質がやや厚く,光沢がある。花は枝の先に集まり,5~6月に次々と咲く。花冠は筒状鐘形,長さ約3cm,初め白く後に紅色にかわる。子房は下位,棒状で2室,多数の胚珠をつける。果実は裂開し,狭い翼のある種子を飛散させる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハコネウツギ
はこねうつぎ / 箱根空木
[学]Weigela coraeensis Thunb.

スイカズラ科の落葉低木。高さ約4メートル、全体にほとんど毛はない。葉は対生し、楕円(だえん)形で長さ6~16センチメートル、質はやや厚く、表面は光沢がある。5~6月、葉腋(ようえき)から短い枝を出し、長さ3センチメートルの花を1~3個ずつ開く。花冠は漏斗(ろうと)状で先端は5裂し、初め白色でのちに紅色になるが、最後まで白色のものや、初めから紅色のものもある。花冠の基部に棍棒(こんぼう)状の小さな蜜腺(みつせん)がある。萼片(がくへん)は5枚で線状。子房は下位で円柱状、多数の胚珠(はいしゅ)が4列につく。果実は円柱形、種子は狭い翼がある。海岸近くに生え、北海道南部から九州に分布する。花を観賞するために庭木とする。[福岡誠行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android