コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タニウツギ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タニウツギ
たにうつぎ / 谷空木
[学]Weigela hortensis (Sieb. et Zucc.) Koch

スイカズラ科の落葉低木。高さ2~5メートル。全体に白っぽい毛が多く、葉裏は白くみえ、花は桃色であることにより、ニシキウツギなど近縁種と区別できる。花期は5月。平地から2000メートルくらいの山地まで生え、本州、北海道の主として日本海側の山地に多く自生する。名は、谷間に多い空木(うつぎ)の意味である。花を観賞するため庭木とするが、水揚げが悪く、切り花にしてもすぐしおれる。
 タニウツギ属は日本および朝鮮半島、中国に約10種分布するが、主として日本で種の分化がおこった属で、日本に7種ある。花が美しいため、日本産の種も外国で栽培されている。一般に酸性土壌でよく育ち、火山の向陽地に多い。[福岡誠行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のタニウツギの言及

【ハコネウツギ】より

…果実は裂開し,狭い翼のある種子を飛散させる。 タニウツギ属Weigelaはおもに日本で種分化を起こした群で,一般に発芽しやすく日当りのよいところを好む。日本海側の山地には,花が桃色で葉の裏に白い毛が密生するタニウツギW.hortensis K.Koch(イラスト)が分布する。…

※「タニウツギ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

タニウツギの関連キーワードニシキウツギ(二色空木)ハコネウツギ(箱根空木)比婆道後帝釈国定公園イチモンジチョウウコンウツギキバナウツギ早乙女空木紅空木那岐山道後山雨降花竹空木田植花山空木赤空木五月花赤黄楊赤丁字卯花鍋破

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

タニウツギの関連情報