コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニッコウイワナ Salvelinus leucomaenis pluvius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニッコウイワナ
Salvelinus leucomaenis pluvius

サケ目サケ科の淡水魚。全長 40cm内外。背部は黄褐色,腹部は白色で,背側面に淡黄褐色斑点がある。体は細長く,側扁する。河川上流の冷水域にすみ,小魚,昆虫などの小動物を捕食する。釣魚として有名(→川釣り)。非常に警戒心が強い。秋季川底の砂礫に産卵する。山梨県富士川・鳥取県日野川以北の本州に分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のニッコウイワナの言及

【イワナ(岩魚)】より

…体長は30cmほどになり,体側に小判形のパー・マークparr markという斑紋をもち,また,小さな淡灰色の円点があり,側線より下にはさらに小さな朱点が混在する。これらの斑点には個体によって変異が認められ,それぞれが異なった種類(エゾイワナ,ニッコウイワナ,ヤマトイワナ)とする説があるが,変異に北から南への傾向性が存在するため同一種内の地方的変異とする説があり一定しない。九州,四国には分布しない。…

※「ニッコウイワナ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ニッコウイワナの関連キーワードイワナイトウ大鳥池

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android