ニュートリノ放射(読み)ニュートリノほうしゃ(英語表記)neutrino emission

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニュートリノ放射
ニュートリノほうしゃ
neutrino emission

天体の中でニュートリノを多量に放射する現象。太陽の中心部では陽子・陽子反応によって水素4個が核融合しヘリウムに変化している。この反応の途中,ホウ素8がβ崩壊しベリリウム8に変るが,そのとき陽電子とニュートリノが生成される。このニュートリノを地上で検出することができる。ニュートリノはこのほかの核反応によっても生成されるが,特に多量に放射されるのは星が崩壊し超新星爆発 (→超新星 ) を起すときである。星の中心温度が約 60億度に達すると,陽電子・電子対消滅が起りニュートリノと反ニュートリノが生成される。ニュートリノは物質とほとんど相互作用をせず,星のエネルギーを持去るので星の中心部は崩壊し引続いて超新星爆発が起る。 (→ニュートリノ天文学 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android