コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニンギョウヒドラ ニンギョウヒドラ Proboscidactyla flavicirrata

2件 の用語解説(ニンギョウヒドラの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニンギョウヒドラ
ニンギョウヒドラ
Proboscidactyla flavicirrata

刺胞動物門ヒドロ虫綱花クラゲエダクダクラゲ科。エダクダクラゲのポリプ型(→ポリプ)のことで,群体をなして多毛類エラコの棲管の入口付近に付着する。まず網目状に広がるヒドロ根から円筒形で高さ 1mmほどの栄養ポリプが生じる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニンギョウヒドラ
にんぎょうひどら / 人形水
[学]Proboscidactyla flavicirrata

腔腸(こうちょう)動物門ヒドロ虫綱ヒドロイド目エダクダクラゲ科に属するクラゲ。エダクダクラゲのポリプ型である。群体をつくっており、つねに多毛綱のエラコの棲管(せいかん)上、おもにその先端部に付着している。エラコの棲管上に網目状に広がるヒドロ根から生ずるポリプは高さ約1ミリほどの円筒形で、その先端に口が開き、また口のすこし下に2本の細い棒状の触手が並んで突出している。これはちょうど両手をあげた人の形に似ており、名前の由来となっている。また、これらのポリプのほかに、より細くて短い生殖ポリプもみられる。生殖ポリプは口をもたず、その上に数個のクラゲの芽ができ、それらは小さなクラゲとなって遊離し、成長してエダクダクラゲとなる。北日本沿岸の浅海に普通にみられる。[山田真弓]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のニンギョウヒドラの言及

【エラコ】より

…管は薄い膜の表面に細かい砂粒をぎっしりつけていて硬いが,体を棲管(せいかん)の中に引き込むと先端部は内側に巻き込まれてしまう。また管の先端部にはヒドロ虫類のニンギョウヒドラが着生していて,これに触れると赤くかぶれることがある。カレイ,コダイ,その他の魚の釣餌として用いられる。…

※「ニンギョウヒドラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ニンギョウヒドラの関連キーワードエダアシクラゲギンカクラゲ腔腸動物ヒドロ虫類くだくだ管水母真水水母くだくだし・いクラゲ(水母)ヒドロ虫

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone