コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニンヒドリン ニンヒドリンninhydrine

2件 の用語解説(ニンヒドリンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニンヒドリン
ニンヒドリン
ninhydrine

無色の柱状晶。分解点 239~240℃。α-アミノ酸と反応して赤紫色を呈するので,アミノ酸の検出,定量に利用される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニンヒドリン
にんひどりん
ninhydrin

芳香族ケトンの一つ。1,2,3-インダントリオン水和物の別名。1,3-インダンジオンを二酸化セレンで酸化すると得られる。分子式C9H6O4。分子量178.1。

 無色の柱状結晶で、加熱すると140℃で赤紫色になり、239~240℃で分解を伴い融解する。アミノ酸を含む溶液に1%ニンヒドリン水溶液を少量加えて加熱すると赤紫色を呈するので、アミノ酸の検出試薬として用いられる。この呈色反応をニンヒドリン反応という。[廣田 穰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ニンヒドリンの関連キーワード増殖炉2E3E4E遺失物核燃料告発事前運動アラトスアラトス

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone