コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニンヒドリン ninhydrine

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニンヒドリン
にんひどりん
ninhydrin

芳香族ケトンの一つ。1,2,3-インダントリオン水和物の別名。1,3-インダンジオンを二酸化セレンで酸化すると得られる。分子式C9H6O4。分子量178.1。

 無色の柱状結晶で、加熱すると140℃で赤紫色になり、239~240℃で分解を伴い融解する。アミノ酸を含む溶液に1%ニンヒドリン水溶液を少量加えて加熱すると赤紫色を呈するので、アミノ酸の検出試薬として用いられる。この呈色反応をニンヒドリン反応という。[廣田 穰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android