コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニンヒドリン ニンヒドリン ninhydrine

2件 の用語解説(ニンヒドリンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニンヒドリン
ニンヒドリン
ninhydrine

無色の柱状晶。分解点 239~240℃。α-アミノ酸と反応して赤紫色を呈するので,アミノ酸の検出,定量に利用される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニンヒドリン
にんひどりん
ninhydrin

芳香族ケトンの一つ。1,2,3-インダントリオン水和物の別名。1,3-インダンジオンを二酸化セレンで酸化すると得られる。分子式C9H6O4。分子量178.1。

 無色の柱状結晶で、加熱すると140℃で赤紫色になり、239~240℃で分解を伴い融解する。アミノ酸を含む溶液に1%ニンヒドリン水溶液を少量加えて加熱すると赤紫色を呈するので、アミノ酸の検出試薬として用いられる。この呈色反応をニンヒドリン反応という。[廣田 穰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ニンヒドリンの関連キーワード塩素酸カリウム紅簾石紫蘇輝石曹長石柱状晶氷長石ベンズアミド融解点メタクリル酸フッ化アンモニウム(弗化アンモニウム)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone