ニーダム(読み)にーだむ(英語表記)Joseph Needham

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニーダム(Joseph Needham)
にーだむ
Joseph Needham
(1900―1995)

イギリスの科学史家、生化学者。ロンドン生まれ。ケンブリッジ大学で生化学を学び、同大学教授となり生化学を講じた。生化学の業績も多いが、中国科学史家として知られる。1930年代から中国に深い関心をもち、1942年から4年間、中国に滞在。1951年から膨大な『中国の科学と文明』Science and Civilization in Chinaの刊行を始めた。1976年退職、東アジア科学史図書館長、さらにこの図書館を中核として設立されたニーダム研究所の名誉所長をを務めた。[中山 茂]
『東畑精一・藪内清監修『中国の科学と文明』全11巻(1974~1981/新版、全8巻・1991・思索社) ▽魯桂珍、J・ニーダム著、橋本敬造・宮下三郎訳『中国のランセット――鍼灸の歴史と理論』(1989・創元社) ▽牛山輝代編訳、山田慶兒他訳『ニーダム・コレクション』(ちくま学芸文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android