ニーダム(Joseph Needham)(読み)にーだむ(英語表記)Joseph Needham

  • 1900―1995

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イギリスの科学史家、生化学者。ロンドン生まれ。ケンブリッジ大学で生化学を学び、同大学教授となり生化学を講じた。生化学の業績も多いが、中国科学史家として知られる。1930年代から中国に深い関心をもち、1942年から4年間、中国に滞在。1951年から膨大な『中国の科学と文明』Science and Civilization in Chinaの刊行を始めた。1976年退職、東アジア科学史図書館長、さらにこの図書館を中核として設立されたニーダム研究所の名誉所長を務めた。

[中山 茂]

『東畑精一・藪内清監修『中国の科学と文明』全11巻(1974~1981/新版、全8巻・1991・思索社)』『魯桂珍、J・ニーダム著、橋本敬造・宮下三郎訳『中国のランセット――鍼灸の歴史と理論』(1989・創元社)』『牛山輝代編訳、山田慶兒他訳『ニーダム・コレクション』(ちくま学芸文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android