ニール ショーン(英語表記)Neal Schon

現代外国人名録2016の解説

ニール ショーン
Neal Schon

職業・肩書
ロック・ギタリスト

国籍
米国

生年月日
1954年2月27日

出生地
カリフォルニア州サンマテオ

グループ名
グループ名=ジャーニー〈Journey〉

経歴
1971年17歳でメキシコ出身のギタリスト、カルロス・サンタナのバンドに加入し、ギターを担当。’73年の傑作アルバム「キャラバンサライ」の直後に脱退し、ハッピー・バースデーを経て、’74年ロス・バロリー(ベース)、グレッグ・ローリー(キーボード)らとゴールデン・ゲート・リズム・セクションを結成。’75年バンド名をジャーニーに変え、アルバム「ジャーニー」でデビュー。当初の作風はプログレッシブ・ロック風のインストゥルメンタル曲が中心であったが、’77年ボーカリストとしてスティーブ・ペリーが加わってからはボーカル主体のハードロック・バンドへと変貌を遂げ、同年のアルバム「インフィニティ」が大ヒットとなる。’79年アルバム「エヴォリューション」が全米20位を記録。同年初来日。’80年には「ディパーチャー」が全米チャートの8位に躍進し、シングルカットされた「お気に召すまま」も驚異的なセールスを記録した。同年にはファッションデザイナー・高田賢三が監督した映画「夢・夢のあと」のサウンドトラック「ドリーム・アフター・ドリーム」も手掛ける。キーボードがローリーからジョナサン・ケインに交代した’81年、代表曲となる「ドント・ストップ・ビリーヴィン」「オープン・アームズ」などを収録したアルバム「エスケイプ」で初の全米1位を獲得。“AMERICA’S BAND”と称され、トータルで5000万枚以上のアルバムセールスを記録する伝説的ロックバンドとなった。この間、ソロでも活動し、ヤン・ハマーとのプロジェクトで「閃光」などのアルバムを製作。またサミー・ヘイガーともプロジェクト・HSASを作り、’84年にはアルバム「Through The Fire」をリリースした。’86年3年ぶりにジャーニーのアルバム「Raised On Radio〜時を駆けて」を製作したあとバンドとしての活動を休止し、以後はソロ活動に専念。’89年ソロアルバム「レイトナイト」を発表。’89年ケイン、ディーン・カストロノバ(ドラムス)らとバッド・イングリッシュを結成。’96年ジャーニーを再結成し、同年のアルバム「トライアル・バイ・ファイアー」は日本でも20万枚近いセールスを記録した。’98年ボーカルのスティーブが体調不良のため脱退し、2000年スティーブ・オウジェリーを後任ボーカリストに据えてアルバム「アライヴァル」を発表。2002年には自らのレーベル、フロンティアーズ・レコードを設立。2004年には往年のヒット曲「オープン・アームズ」が日本の映画「海猿」の主題歌に選ばれた。2005年ジャーニーがハリウッド・ウォーク・オブ・フェイムの殿堂入りし、同年5年ぶりのアルバム「ジェネレーションズ」をリリースした。2007年新ボーカリストにフィリピン出身のアーネル・ピネダを迎え、アルバム「レヴェレイション」を発表。2011年アルバム「エクリプス」をリリース。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報