ヌコンサンバ(英語表記)N'kongsamba

世界大百科事典 第2版の解説

ヌコンサンバ【N’Kongsamba】

西アフリカ,カメルーン西部の都市。人口11万2000(1991)で,同国第3位。カメルーン第1の貿易港ドゥアラからの鉄道の終点で,空港もあり,道路が各地に延びる交通の要地である。商業が盛んで,周辺地域で産するアブラヤシ,バナナ,コーヒーなどの集散地となっている。食品工業や製材業も行われる。【編集部】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android