コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヌマダイコン Adenostemma lavenia (L.) O.Kuntz.

世界大百科事典 第2版の解説

ヌマダイコン【Adenostemma lavenia (L.) O.Kuntz.】

湿った草地や溝に生えるキク科の多年草(イラスト)。根茎がよく発達し,茎は多数が群がって立ち,高さ1mくらいとなる。葉は卵形または卵状長楕円形,1~6cmの葉柄があって対生する。花期は9~11月。花はすべて両性の筒状花からなる頭花で,開花時の径が約6mmと小さく,まばらな散房状につく。花冠は白色で,長さ2.5mm,下部の狭筒部には腺毛がある。この腺毛によって,1頭花内の小花はすべてくっついていることが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヌマダイコン
ぬまだいこん / 沼大根
[学]Adenostemma lavenia (L.) O. Kuntze

キク科の多年草。茎はやや斜上し、高さ0.5~1メートル。葉は対生し、長卵形。9~11月、茎の上部に両性の筒状花からなる頭花を散房状につける。花冠上部に長い縮毛が密生し、頭花内の小花はこの毛で互いにくっつく。痩果(そうか)は長さ約4ミリ。冠毛は4本の小さい棒状で、先端は粘質物が出る。水田周辺の溝や湿地に生え、関東地方以西の本州から九州、および中国中南部、東南アジアからインドに分布する。[小山博滋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android