コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヌママムシ ヌママムシ Agkistrodon piscivorus; water moccasin; cottonmouth

2件 の用語解説(ヌママムシの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヌママムシ
ヌママムシ
Agkistrodon piscivorus; water moccasin; cottonmouth

トカゲ目クサリヘビ科。体長 50~180cm。体色には変異が多く,褐色の地に黒褐色の斑紋をもつものから,緑褐色または黒褐色でほとんど斑紋のないものまである。唇はほとんど常に黄白色で,これが「綿の口」という英名の由来になっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヌママムシ
ぬままむし
cottonmouthwater moccasin
[学]Agkistrodon piscivorus

爬虫(はちゅう)綱有鱗(ゆうりん)目クサリヘビ科のヘビ。同科マムシ亜科に属する有毒種で、フロリダ半島を含むアメリカ合衆国南東部一帯に分布し、全長80~120センチメートル、最大1.8メートルに達する。頭部は長三角形で胴が太く尾が短い。体背面は褐色または黒褐色で、黒色の横帯が並び、上唇板が白色。湖沼や緩い流れの水辺に多く、毒性が強く神経質でよくかみつくため危険である。また、同じような環境に生息する無毒のアメリカミズヘビNerodia sipedonが本種に類似するため、それと間違って手を出さないように注意が必要である。卵胎生で、多いものは一度に15頭ほど産む。餌(えさ)は魚、両生類、爬虫類、小鳥、小哺乳(ほにゅう)類などである。[松井孝爾]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のヌママムシの言及

【マムシ(蝮)】より

…全長1~1.5m,台湾,中国南部,インドシナに分布し,吻端(ふんたん)に角状突起をもつ。アメリカ合衆国産ヌママムシA.piscivorus(英名water moccasin)とメキシコ産メキシコマムシA.bilineatus(英名Mexican moccasin)は全長1~1.5m,胴が太くともに危険種で,前者はとくに攻撃的。アメリカマムシA.contortrix(英名copper head)は全長1~1.2m,色彩,斑紋が美しい。…

※「ヌママムシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヌママムシの関連キーワードクサリヘビ毒牙ヨーロッパクサリヘビラッセルクサリヘビがらがら蛇鎖蛇アスプクサリヘビスナクサリヘビトゲクサリヘビラタストクサリヘビ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone