コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヌマ Numa Pompilius

2件 の用語解説(ヌマの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ヌマ【Numa Pompilius】

古代ローマ2代目の王。在位,前715?‐前673年?。生没年不詳。サビニ人の町クレスの出身で,ロムルスの死後,元老院で王に推戴されたと伝えられる。架空の人物とみる説もあるが,彼の名前はサビニ系であり,彼の実在性を示唆する。彼は水の精エゲリアEgeriaの助言を受けて,ローマ人に宗教と儀式を広め,暦を改定し,王宮を建設するなどして,彼らを平和の民に変えたと伝えられるが,これらの伝承は史実とはみなし難い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヌマ
ぬま
Numa Pompilius

生没年不詳。伝説上の古代ローマ第2代目の王(在位前715?~前673?)。サビニ人でクレス(ローマの北東方約30キロメートル)出身。ロムルスの死後、後継者に選ばれた。彼は在位中に、手工業者の組合をつくらせ、暦法を改革し、ウェスタ巫女(みこ)、神祇(じんぎ)官、鳥占官(アウグル)などの神官職を新設ないし増設し、ウェスタの神殿や王宮(レーギア)を建て、またいくつかの祭祀(さいし)を創設するなど、主として宗教的な諸立法を行ったと伝えられる。しかし事実はむしろ、後代の宗教的諸改革が彼に帰せられる傾向があった。彼の実在性を主張する学者もあるが、それを否定する説のほうが有力である。また彼をピタゴラスの弟子とする伝説もある。[吉村忠典]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のヌマの言及

【ウェスタ】より

…彼女は各家庭で崇拝されると同時に,国家のかまどの女神としてローマ人の精神的支柱の一つであった。伝承によれば,2代目の王ヌマが彼女の崇拝を制定し,ローマのフォルムの南にいにしえのわらぶき農家をかたどった円形神殿を建てたという。その神殿には神像はなく,かわりに国家の永続性を象徴する聖火が燃え,ウェスタリスVestalisと呼ばれる女祭司(当初は2人,のちに6人)がこれを見守った。…

※「ヌマ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヌマの関連キーワードパンテオンローマ神話家父グラックススキピオローマ風呂古代ローマ帝国ローマンブリテン古代ローマの航跡をたどれ古代ローマ人の格言

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヌマの関連情報