コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネイト ネイト Neith

2件 の用語解説(ネイトの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネイト
ネイト
Neith

エジプトの女神。俗称がテヘヌート (「リビア女」の意) であることから西方起源の神と考えられる。かなり古くから下部エジプトデルタ地帯の国家神,特にサイス守護神とされた。ギリシア人は女神アテナと同一視している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ネイト【Neith】

古代エジプトの女神。神々の中でも最も古い女神の一人で,その信仰は先王朝期,すでに西デルタ地方において一般的であった。その本拠はサイスで,赤い王冠を頂き,手には弓,2本の矢や盾を持ち,ときには2匹のワニを従えた姿で表される。創造神,太陽の母,戦争や狩猟の神,眠りの守護神,織物の創始神,塗油の女神,柩(ひつぎ)やカノポス壺(内臓を納めた壺)の守護神など多くの属性をもつ。ヘリオポリスアトゥムの神殿とともに,サイスのネイト神殿は医療の中心地であり,〈生命の家〉といわれる医学校があった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ネイトの関連キーワードアピスエジプト語デンデラムートルクソールエジプト鼠エジプト綿コプト古代エジプト語古代エジプト美術館

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ネイトの関連情報