コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネオレアリズモ映画 ネオレアリズモえいがNeorealist films

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネオレアリズモ映画
ネオレアリズモえいが
Neorealist films

第2次世界大戦直後,イタリアで起った新傾向のリアリズム映画をさす。その最初の代表的作品には,R.ロッセリーニの『無防備都市』 (1945) ,『戦火のかなた』 (46) ,V.デ・シーカの『靴みがき』 (46) ,『自転車泥棒』 (48) ,L.ビスコンチの『揺れる大地』 (48) などがある。ネオレアリズモ映画の目的は,第2次世界大戦下および直後の現実とその社会的問題を忠実に記録的に表現する点にあった。ロケ本位,非職業俳優の起用などの記録映画的手法はその技術的特徴である。 1950年代に入ると一般商業映画にも浸透し,イタリア映画底流として現在でも生きている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ネオレアリズモ映画の関連キーワードパンフォーカスサバティーニフェリーニにがい米かなた山猫情事戦火

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ネオレアリズモ映画の関連情報