ネッカー川(読み)ねっかーがわ(英語表記)Neckar

日本大百科全書(ニッポニカ)「ネッカー川」の解説

ネッカー川
ねっかーがわ
Neckar

ドイツ南西部を流れる川。ライン川支流シュワルツワルト山地の東側に源を発し、チュービンゲンシュトゥットガルトハイルブロンを経て北流し、ハイデルベルクでライン地溝帯に流れ出てマンハイムでライン川に合流する。流長371キロメートル。河道の運河化によりシュトゥットガルトの少し上流まで舟運が可能で、同市とその周辺地域の工業発展に役だっている。

[浮田典良]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ネッカー川」の解説

ネッカー川
ネッカーがわ
Neckar

ドイツ,バーデンウュルテンベルク州を流れるライン川の支流。全長 367km。同州南部,シュワルツワルト山地東麓のシュウェニンゲン付近に源を発し,テュービンゲンシュツットガルトを経てオーデンワルトの森林地帯を横切り,ハイデルベルクを過ぎマンハイムでライン川に合流する。シュツットガルト南東のプロヒンゲンまで運河化されており,1000t級の船舶航行可能。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android