コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノイエ・ルントシャウ ノイエ・ルントシャウ Die Neue Rundschau

2件 の用語解説(ノイエ・ルントシャウの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノイエ・ルントシャウ
ノイエ・ルントシャウ
Die Neue Rundschau

ドイツの文芸雑誌。『新評論』。 1890年ベルリンにおいて O.ブラームにより,自然主義演劇の週刊誌『自由舞台』 Freie Bühneとして創刊,94年から月刊誌『ノイエ・ドイッチェ・ルントシャウ』 Neue deutsche Rundschauとなり,1904年から今日の名称となり,フィッシャー書店が発行。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ノイエ・ルントシャウ

ドイツの季刊誌。フランクフルトで発行。1890年《自由劇場》として創刊。政治・文芸評論が中心。発行部数はきわめて少ないが国際的に評価は高い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ノイエ・ルントシャウの関連キーワードしがらみ草紙西ドイツ文芸方寸評論統一ドイツドイツの小さな町川村二郎インゼル[会社]文芸雑誌

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone