コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノウゼンカズラ科 ノウゼンカズラかBignoniaceae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノウゼンカズラ科
ノウゼンカズラか
Bignoniaceae

双子葉植物シソ目の1科。新旧両大陸の熱帯に 100余属 650種がある。木本性で,つる植物が多い。大半は常緑で,羽状複葉を対生するものが普通である。この羽状複葉の頂小葉はしばしば巻きひげとなって,ほかの樹木にからみついて登る。また,鉤や吸盤をもってよじのぼる種類もある。花は両性花総状花序につき,花冠は管状ないしらっぱ状の合弁花冠で,正面は左右相称形をなす。花冠内面に4本のおしべがつく。果実は大きな蒴果となって開裂し,中に多数の種子があって普通薄い翼をもつ。キササゲCatalpaやノウゼンカズラ属 Campsisなどが日本でも観賞用に栽培される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ノウゼンカズラ科の関連キーワードキャンドルナッツツリーヒメノウゼンカズラガーリックバインソーセージツリーノウゼンカズラソーセージノキインカルビレアアメリカ凌霄花クリトストマジャカランダアズサ(梓)紫葳凌霄花ビグノニア木豇豆・楸河原豇豆凌霄花釣鐘葛木豇豆雷電桐台湾桐

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ノウゼンカズラ科の関連情報