コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

つる植物 つるしょくぶつvine; liana

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

つる植物
つるしょくぶつ
vine; liana

茎が直立せず,地面をはったり,他物に巻きついてよじのぼる植物をいう。フジのように多年生木本のつる植物を特に藤本ということがある。またかぎや巻きひげによって支えられるものを攀縁 (はんえん) 植物 climber,茎自身が他物に巻きつくものを纒繞 (てんじょう) 植物 twinerとして区別することがある。寄りつき器官によって支持されるものには茎や葉にかぎ状の毛やとげをもつもの (ヤエムグラ,カナムグラ) ,葉や枝の一部が巻きひげとなるもの (エンドウ,キュウリ) や,キヅタのように不定根により体を支えるものなどがある。また支持物に巻きながらよじのぼるもの (巻きつる植物) は茎の先端がまっすぐ上方に伸びずに,回転運動をしながら生長する結果,他物に巻きつく。茎の巻く方向はアサガオ,インゲンでは左巻き,カナムグラ,フジは右巻きである。つる植物は他の植物にからみつき,これをおおって茂るので,ヤブカラシやクズのように農作物や樹木に害を与えることも多いが,種々の細工物に利用されるものもある。たとえばヤシ科植物のトウ類は籐細工として椅子,テーブル,バスケットなど,ミツバアケビのつるもバスケット,土瓶のつるなどに使われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

つる植物
つるしょくぶつ

茎の支持機能が発達せず、支持体を他物に求める植物をいう。つる植物は生育初期に茎が直立するという点で、匍匐(ほふく)植物とは区別される。しかし、林床のキヅタやテイカカズラのように木に接触するまで匍匐するものや、海岸のハマナタマメのように空き地をはって広がるものもあるため、実際には区別しにくい。[延原 肇]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

つる植物の関連キーワードテイカカズラ夜末加々美川原酸漿空也末加々美山加我牟座頭蘡薁つる切り江戸冬瓜黄花烏瓜白口蔓仏掌藷盲葡萄釣鐘草宇陀芋夏梅蔓嫁合器烏合器馬葡萄朝鮮瓜島猿梨

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

つる植物の関連情報