コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノコギリガザミ mangrove crab; mud crab

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノコギリガザミ
mangrove crab; mud crab

軟甲綱十脚目ワタリガニ科ノコギリガザミ属 Scylla に属するカニ 4種の総称。額縁に 4歯,甲の前側縁に 9歯あるが,いずれも三角形状。鋏脚は左右で大きさが異なり,片方が巨大。日本産はアミメノコギリガザミ S. serrata,アカテノコギリガザミ S. olivacea,トゲノコギリガザミ S. paramamosain の 3種である。甲幅 20cmに達する大型種で,甲はやや横長の楕円形。トゲノコギリガザミは相模湾以南のインド西太平洋全域に分布し,内湾の河口に多い。静岡県の浜名湖ではドウマンの名でよく知られている。琉球列島以南の熱帯・亜熱帯地方のマングローブ湿地には個体数が豊富で,食用として最重要のカニである。(→甲殻類十脚類節足動物軟甲類

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ノコギリガザミ【Scylla serrata】

十脚目ワタリガニ科の甲殻類(イラスト)。大型種で,東南アジアなどでは食用ガニとして重要。東京湾以南,ミクロネシア,東南アジアを経てインド洋西部,紅海まで広く分布している。河口付近の干潟やマングローブ湿地に多いため英名はmud crab,あるいはmangrove crabである。甲はイチョウの葉形で,甲幅20cmに達する。前側縁に各9本,額に6本の三角形の突起があり,これをのこぎりの歯に見たててこの名がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ノコギリガザミの関連キーワード甲類

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ノコギリガザミの関連情報