コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノッテボーム Martin Gustav Nottebohm

2件 の用語解説(ノッテボームの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ノッテボーム【Martin Gustav Nottebohm】

1817‐82
ドイツの音楽学者。ベルリンピアノと理論を学び,1840年以降ライプチヒ音楽院メンデルスゾーンシューマンらに師事。46年ウィーンに移住してピアノと理論の教師となり,ブラームスと親交を結ぶ。ブライトコップ社によるベートーベン作品全集出版(1862‐65)に際し,その資料収集を担当し,その成果は《ベートーベン作品目録》(1868)として出版された。彼の最大の功績はベートーベンの難解なスケッチに関する研究で,その体系的研究によって作品の成立年代確定に大きく寄与した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノッテボーム
のってぼーむ
Martin Gustav Nottebohm
(1817―1882)

ドイツの音楽学者、作曲家。ベルリン、ライプツィヒで作曲やピアノを学び、ウィーンで教師をしながら作曲活動をした。メンデルスゾーン、シューマン、ブラームスらと交友関係をもち、学術的な態度で作曲家を見直す方向をとるようになる。とくに自筆譜や文書を丹念に吟味することで作品の様式・年代を探り、主題目録や分析的伝記を書くという方法を確立し、近年の類似の作業の基礎をつくった。主著に『ベートーベニアーナ』(1872)、『シューベルト主題目録』(1874)、『モーツァルティアーナ』(1880)がある。[山口 修]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ノッテボームの関連キーワードドイツ統一ドイツ民主共和国西ベルリン東ベルリン伯林ベルリン大聖堂ドイチェ番号ベルリン二つの貌シュテルンベルグブラッヒャー

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone