コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノボラック novolak

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノボラック
novolak

ノボラック樹脂ともいう。フェノールホルムアルデヒドを酸を触媒として縮合して生成する。フェノールがメチレン基で 10個ほどつながった固体状のもろい可溶可融性の樹脂である (→フェノール樹脂 ) 。このままでは加熱しても硬化しないが,ヘキサメチレンテトラミンを加えて加熱すると硬化し,不溶不融の性質を帯びる。成形品は電気器具部品,食器,機械部品,雑貨に使われ,積層品は化粧板,配電盤,ヘルメットに使われる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノボラック
のぼらっく

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のノボラックの言及

【フェノール樹脂】より

… フェノール樹脂はその製法によって次の2種類にわかれる。(1)フェノールを酸触媒のもとでホルムアルデヒドと反応させ,フェノールが若干個縮合した熱可塑性,溶剤可溶の樹脂(ノボラックnovolacという)をまずつくる。次いでこの樹脂に,パルプ,木粉などの充てん(塡)剤,ヘキサメチレンテトラミン(加熱によりホルムアルデヒドを発生する)などの縮合剤,その他触媒,着色剤,変性剤などを加え,混合,加熱硬化させて成形品とする(図)。…

※「ノボラック」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ノボラックの関連キーワードエポキシ樹脂塗料

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ノボラックの関連情報