コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノルトラインウェストファーレン州 ノルトラインウェストファーレンNordrhein-Westfalen

2件 の用語解説(ノルトラインウェストファーレン州の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノルトラインウェストファーレン〔州〕
ノルトラインウェストファーレン
Nordrhein-Westfalen

ドイツ西部の州。州都ジュッセルドルフ。 1946年に,従来のラインラント州北部とウェストファーレン州が統合,翌年これにリッペデトモルト州が加わって,最終的に1州となった。州域は,自然地理的には北ドイツ低地とライニッシェスシーファーゲビルゲおよびウェーザー山地の3地域に大別される。これら山地の北縁には,肥沃なレスの堆積する地帯があり,アーヘンケルンエッセンドルトムントゾーストパーダーボルンなどの都市が発達した。また,ライン川に沿っては,ボン,ケルン,ノイス,ジュッセルドルフ,デュースブルクなどの都市列がみられる。中央部の,ルール川リッペ川の間のルール地方では,19世紀中頃以降,ルール炭田を基盤に,鉄鋼,化学などの工業が発達し,近年は,石油,自動車,電気機器工業も加わって,ドイツの中核的工業地帯を形成している。面積 3万4086km2。人口 1787万2763(2010推計)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ノルトラインウェストファーレン州の関連情報