コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノンシリコーンシャンプー ノンシリコーンシャンプー

2件 の用語解説(ノンシリコーンシャンプーの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ノンシリコーン‐シャンプー

《〈和〉non-silicone+shampoo》シリコーン油を含まない洗髪剤。
[補説]シリコーン油は、髪の表面を保護し、つやを出すなどの効果があるため、洗髪剤や整髪料などに広く使われる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノンシリコーンシャンプー
のんしりこーんしゃんぷー

多くのシャンプーコーティング剤として配合しているシリコーンを含まないシャンプー。シリコーンはケイ石を原料にした化合物で、洗濯用の柔軟剤、コンタクトレンズ調理器具ティッシュペーパーなどに幅広く使われている。シャンプーでも指通りをよくするためや、ドライヤーの熱や紫外線から髪を守るために多くの商品にシリコーンが配合されている。しかし、「髪への保湿成分の浸透を妨げる恐れがある」「毛穴に詰まり、頭皮の健康を損なう恐れがある」などの欠点もあるとされ、シリコーンを使わない「ノンシリコーンシャンプー」が注目を集めるようになった。2012年(平成24)春に化粧品会社ジャパンゲートウェイがノンシリコーンであることを前面に押し出した「レヴール」を販売してから、ノンシリコーンがブームになっている。ただし毛穴詰まりなどの欠点は確たる根拠があるわけではなく、シリコーン配合、ノンシリコーン両方のシャンプーを製造・販売している大手メーカーそれぞれの特長を知ったうえで商品を選択するよう呼びかけている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ノンシリコーンシャンプーの関連キーワードnon-war communitynon-violent resistancenon-renewable resourcesnon-objective artnon-metropolitan countynon-Mendelian inheritancenon-mechanical linenon-directional radio beaconNon-Departmental Ministersnon-consumable electrode

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ノンシリコーンシャンプーの関連情報