ノンシリコーンシャンプー

デジタル大辞泉の解説

ノンシリコーン‐シャンプー

《〈和〉non-silicone+shampoo》シリコーン油を含まない洗髪剤。
[補説]シリコーン油は、髪の表面を保護し、つやを出すなどの効果があるため、洗髪剤や整髪料などに広く使われる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノンシリコーンシャンプー
のんしりこーんしゃんぷー

多くのシャンプーでコーティング剤として配合しているシリコーンを含まないシャンプー。シリコーンはケイ石を原料にした化合物で、洗濯用の柔軟剤、コンタクトレンズ、調理器具、ティッシュペーパーなどに幅広く使われている。シャンプーでも指通りをよくするためや、ドライヤーの熱や紫外線から髪を守るために多くの商品にシリコーンが配合されている。しかし、「髪への保湿成分の浸透を妨げる恐れがある」「毛穴に詰まり、頭皮の健康を損なう恐れがある」などの欠点もあるとされ、シリコーンを使わない「ノンシリコーンシャンプー」が注目を集めるようになった。2012年(平成24)春に化粧品会社ジャパンゲートウェイがノンシリコーンであることを前面に押し出した「レヴール」を販売してから、ノンシリコーンがブームになっている。ただし毛穴詰まりなどの欠点は確たる根拠があるわけではなく、シリコーン配合、ノンシリコーン両方のシャンプーを製造・販売している大手メーカーはそれぞれの特長を知ったうえで商品を選択するよう呼びかけている。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android