コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法諺 ほうげんRechtssprichwort; legal maxim

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

法諺
ほうげん
Rechtssprichwort; legal maxim

法に関する法格言ともいう。「なんぴとも同一犯罪につき再度罰せられることなし」「後法は前法を廃す」「場所は行為を支配する」などがその例で,法の一般原則を簡単に言い表わしたものが多い。ローマ法および多くの法系にそれぞれ固有の法諺がみられる。これと似たものに「良き法律家は悪しき隣人」「代表なければ課税なし」といった法俗諺がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

法諺【ほうげん】

法に関する格言,諺(ことわざ)。法の一般原則を簡潔に言い表したものが多い。〈売買賃貸借を破る〉〈法律なければ刑罰なし〉など。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほうげん【法諺 legal maxim】

法に関する格言およびことわざ。ローマ法以来,各時代の各法社会において多くの法諺が生み出され,語り継がれてきている。その内容は多種多様であり,(1)具体的・特殊的な法準則を定式化するもの,(2)抽象的・一般的な法原則を表明するもの,(3)法一般や法的諸価値についての哲学的思想を述べるもの,(4)法的諸概念を定義したり,法解釈の方法を示すもの,(5)法源を示したり,法衝突の解消基準を示すもの,などがある(この分類は厳密な基準によるものではなく,網羅的でもない)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ほうげん【法諺】

法律に関する格言やことわざ。「法あって法なし」「疑わしきは罰せず」の類。法格言。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

法諺
ほうげん
legal maxim

法原則を諺(ことわざ)の形で言い表したもの。法格言ともいう。「法は善と衡平(こうへい)の術なり」Ius est ars boni et aequi.(ラテン語。以下同)のような抽象的なものから、「合意は拘束する」Pacta sunt servanda.、「悪法も法なり」Dura lex, sed lex.、「後法は前法を廃す」Lex posterior derogat priori.のような法の一般原則を述べるもの、「疑わしきは被告人の利益に」In dubio pro reo.、「沈黙する者は同意するものとみなされる」Qui tacet, consentire videtur.など各法領域に関する原則などがある。「従物は、主物の処分に従う」(民法87条)など、法格言がそのまま条文となる場合もあるが、法格言だからといってつねに正しいとは限らない。[長尾龍一]
『柴田光蔵著『法格言ア・ラ・カルト――活ける法学入門』(1986・日本評論社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

法諺の関連キーワードケルスス(Publius Juventius Celsus)クリーン・ハンズ杉山 直治郎住居の不可侵法実証主義権利の濫用長尾龍一民事訴訟被害者検察訴権訴え

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android