コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハインリヒ・フォン・フェルデケ Heinrich von Veldeke

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハインリヒ・フォン・フェルデケ
Heinrich von Veldeke

[生]1140/1150頃
[没]1210頃
中世ドイツの宮廷騎士詩人。フランス語,ラテン語をはじめ広い教養の持主で,プロバンスのトルバドゥールの作品の影響を受けたミンネザング (恋愛詩) ,フランス語の『エネアス物語』を翻案した韻文物語『エネイーデ』 Eneide (1174~90頃) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハインリヒ・フォン・フェルデケ
はいんりひふぉんふぇるでけ
Heinrich von Veldeke
(1140ころ―1210以前)

中世ドイツの詩人。オランダのリンブルフ出身の騎士。低地ドイツ語を用いた異色の作品によって、ドイツ中世宮廷文学の黄金期を開いた最初の大詩人。彼の叙事詩の代表作は1189年に完成した韻文の物語『エネイーデ』である。北フランスでつくられた『エネアス物語』(1150~55?)に素材をとり、古代英雄の世界を中世騎士の生活に移した。恋の情熱にとらわれながらも、なお騎士としての節度を失わぬ心がけを説く。ほかに恋の喜びを歌う27編の叙情詩がある。[高津春久]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ハインリヒ・フォン・フェルデケの関連キーワードプロバンス

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android