コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハカス語 ハカスごKhakass language

2件 の用語解説(ハカス語の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハカス語
ハカスご
Khakass language

チュルク諸語の一つ。ロシアハカス共和国ハカス人5万~6万人に用いられている。サガイ方言とカチャ方言を含む。トゥーバ語オイロート語 (アルタイ語) ,ショル語とともにチュルク諸語の北東方言 (アルタイ方言) を形成する。ハカス語はショル語の話し手の文字言語としても使われている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハカスご【ハカス語 Khakas】

地名をかぶせてアバカン語(アバカンタタール語)またはエニセイ・タタール語とも呼ばれた。1989年現在,旧ソ連内に約8万人のハカス族がいて,そのうち8割がハカス語を母語とする。ハカス(ハカシア)共和国(現,ロシア連邦。人口56万7000)ではハカス族は11.1%にすぎず,ロシア人のほうが79.5%で絶対多数を占める。ハカス族は仏教徒である。言語の系統としてはチュルク諸語に属し,ショール語,ヤクート語キルギス語などに近い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のハカス語の言及

【ハカス族】より

…ロシア連邦,南シベリアのミヌシンスク盆地に住む牧農民。チュルク諸語に属する言語を話す。旧称はミヌシン・タタール,アバカン・タタール,エニセイ・タタール。人口7万8500(1989)。《唐書》の黠戞斯,突厥碑文のキルキスKirkis,元代の乞力吉思,17世紀のエニセイ・キルギスの末裔と考えられるが,18世紀初頭にエニセイ・キルギスの支配層がジュンガリアを経て中央アジアへ逃れ,キルギス族の中核となった。…

【チュルク諸語】より

…語順は,主語→述語,客語→述語,修飾語→被修飾語の順で,日本語とまったく一致する。たとえば,ハカス語で,Min(私は)ib‐de(家‐から)pičik(手紙(を))al‐dy‐m(受けとった〈私が〉);Kičig(小さい)pala‐lar(子ども‐たち)となる。語彙(ごい)にはロシア語とアラビア語からの借用語が目だつ。…

※「ハカス語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone