コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハッチバック ハッチバックhatchback

翻訳|hatchback

4件 の用語解説(ハッチバックの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ハッチバック(hatchback)

ファーストバック型の乗用車で、後部に船のハッチのような跳ね上がるドアをもつもの。リフトバック。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ハッチバック【hatchback】

ファーストバック形式の乗用車のうち、後背部に船のハッチのようなはね上げ式のドアが付いているもの。リフト-バック。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハッチバック
はっちばっく
hatchback

セダンやクーペなどの乗用車で、後面にハッチ(リアウインドーと一体に上へ開く大型のドア)を備えた形式の総称。伝統的なセダンやクーペでは客室の後方にトランク突き出しており、トランクリッド(蓋(ふた))がついているが、1960年代末からは屋根が後端まで伸びてトランクを内包する2(ツー)ボックス・スタイルが流行しており、その種の車はたいていの場合ハッチバック形式をとっている。後席を畳めば大型の荷物を積めるので、多用途性が高い。反面、外部から荷物が見えるので、治安の悪い所では盗難の危険があり、また荷物の積み下ろしに際し空調の暖気や冷気が逃げやすいという弱点もある。[高島鎮雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハッチバックの関連情報