コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハヌマーン Hanumān

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハヌマーン
Hanumān

インドの叙事詩『ラーマーヤナ』で活躍するさるの英雄。ハヌマットともいう。風神の子で,文武両道に長じ,超自然力をもち,自由に姿を変え,空を飛ぶことができ,特にその長い尾は威力を発揮する。ラーマ王子のシーター妃奪還に献身的に働き多くの偉業をなし,文学作品にもしばしば登場,南インドでは神として祀られている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のハヌマーンの言及

【ハヌマット】より

…ヒンドゥー教における神猿の名。〈ハヌマーンHanumān〉の名でも知られる。風神バーユと天女アンジャナーAñjanāの息子とみなされる。…

※「ハヌマーン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ハヌマーンの関連キーワードヒンドゥー教の神々アダムズ・ブリッジハヌマンラングールナン・スベックラコーン・コルラーマキアンワットアルンクンバン島バーユコーン

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハヌマーンの関連情報