ハブランサス(読み)はぶらんさす

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハブランサス
はぶらんさす
[学]Habranthus

ヒガンバナ科(APG分類:ヒガンバナ科)ハブランサス属の総称。春植えの小球根草で、南北アメリカに20種の原種がある。ゼフィランサス属に近縁であるが、ゼフィランサス属は上向きに花を開くのに対し、本属は横向きに花を開く。開花期は6月ころのものと9月ころのものがあり、花茎は高さ20~30センチメートル、花径4~5センチメートル。花色は白、桃、黄、赤色など。葉は細長い線形である。おもな品種に、アルゼンチン原産で桃色花のロブスタス種、チリ、アルゼンチン原産で、花が黄色で外側が褐色になるアンダーソニー種がある。普通、花壇および鉢植えとする。太平洋岸地方の暖地では冬季も戸外で越冬するが、寒地では土寄せなど、防寒が必要である。[川畑寅三郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android